2006年10月02日

【Tomoco】はじめてのパーティ

ジュネさんの導きで、はじめてやってきた砂丘。
白い砂の上でアタシは、パーティ希望を出して、ドキドキしながら待っていました。

しばらくすると、英語でお誘いがきました。
外人さんのパーティのようです。アタシは誘いをOKして、パーティに入りました。

マップをみると、他のメンバーの位置を知ることができます。
みんな一箇所に集まっているので、アタシもその場所まで行きました。

砂漠の真ん中の「木が数本生えている場所」でした。

a7_pt.PNG

ドキドキしながら、今、初めて会ったばかりの外人さんに挨拶しました。
みな、一斉にアタシを「じっとみつめました」。

hh1_a.gif(う、なんか、プレッシャーだよぉ^^;)

ゲームなのに見つめられると、うぅ、と思ってしまうあたり、アタシも日本人なんだなぁと実感してしまいました。

さて、緊張がほぐれる間もなく、いきなり戦闘開始です。

敵はものすごく強かったです!
6人がかりで戦っているのに、なかなか倒せません!
6人全員が、全力を尽くしてやっと勝てる、、、そんなレベルの敵でした。
それでも長い時間をかけて、やっとその敵を倒したとき、見たこともない高い経験値がごっそりと入ってきました。

hh1_a.gif「うわwすごい経験値」
「great job ,crew ^^)」

みんな、この高い経験値に満足そうでした。
しかし、そうそう、うまくは行きませんでした。
戦士さんが、戦闘中に間違って、隣のカニを攻撃してしまったのです。
攻撃されたカニは、怒ってこちらに襲い掛かってきます。
1匹倒すだけでもギリギリだった状態に、2匹のモンスターと同時に戦う羽目になったのですから、勝てるわけありません。
アタシも含めて、チームのメンバーは、みんな次々と死んでいきました。

「誰が攻撃したの?」
「私です!本当にごめんなさい!」

外人さんのひとりが謝りました。

ちょっと面白かったのは、その人は謝るたびに
Fuck!!(ちくしょう)
Damn!!!(くそったれ)
と何度も言いました。
よっぽど自分のミスが悔しかったのでしょう。
外人さんのリアルな「Fuck!!」を聞いたのは初めてだったので、なんか新鮮でした。(笑)

アタシは、辞書で「気にしないで」を調べて、彼にそう言いました。

アタシのホームポイントは、砂漠の入り口に設定していたので、比較的、早く元の場所に戻ることができました。

しかし、そのとき、アタシにとって
大変な事件がおきました。


「hi」

知らない外人さんから、突然、テルが入ってきました。
挨拶を返すと、「パーティに入ってますか?」という質問が。
(パーティのお誘いかなぁ)と思って、「はい、すでに入ってますよ」と答えると、想像もしていなかった言葉が返ってきました。

「PLいりませんか?」
hh1_a.gif「え!?」

アタシは、たまたま、PLという用語を知っていました。
PLとは、パワーレベリングの略で、ようするに、「高レベルの冒険者が、低レベルの冒険者のレベル上げのお手伝いをすること」を言います。
具体的には、「高レベルの冒険者が、低レベルの冒険者の体力を回復させる呪文を唱えて、死なないようにサポートする」のだそうです。

hh1_a.gif「えーと、えーと」

どのように回答すれば良いか迷っていると、

ひとり3000ギルいただきます。時間は2時間です」

hh1_a.gif「え?お金取るの?
 ひとり3000ってことは、6人×3000で、1万8000ギル?」

とりあえず、アタシは、彼に
hh1_a.gif「リーダーに聞いてみますので、少し待ってください」
と回答しました。
彼は、「私は、メンバー全員がPLを望んでいるかどうか知る必要があります」と言いました。

そりゃあ、そうだよね、手伝った後に、メンバーから「そんな話、聞いていない。お金払わない」なんて言われたら、トラブルになるもんね。
はじめてのパーティプレイ……、しかも、メンバーは、外人さんばかりで、会話は全部英語……、そこにいきなり、別の外人さんから「PLの交渉」が入ってきたのです。
アタシはとても混乱していました。

ともかく、リーダーに、
hh1_a.gif「He said "〜〜〜".」
という感じで、彼の言葉をそのまま伝えました。

そうしたら、メンバーの一人がとても衝撃的なことを言い出したのです!
彼は英語でこう言いました。

「彼は、私には、ひとり1000ギルって言ってますよ」

hh1_a.gifな、なんだってーーー!!

そ、そんなにアタシは、トロそうに見えますか……。うぅうぅぅ……。
ゲーム内でも、外人さんに、3倍の値段をふっかけられるトモコでした。

hh1_a.gifむっきーーーーー!!

とりあえず、怒りを抑えて、外人さんには「○○さんと私は、同じパーティに所属しています。彼と交渉してください」と伝えました。
すると彼は「早く回答ください」と言ってきました。

結構、待たせているので、いらいらしている感じが伝わってきました。
とにかく、YESなのかNOなのか、早く回答だけはしてあげようと、積極的にパーティに「Yes or No」を聞いてみました。

「3000ギルあるよ」
「1000ギルあります」
「もし、あなたがPLを望むなら、あなたがお金を払ってください」
「ご遠慮します」

とりあえず、リーダーが、「ノーサンキュー」だったので、それを彼に伝えました。

それでこの件は片付きました。しかし、どっと疲れが出てきました。
戦闘よりも大変でした。

さて、戦闘再開です。
途中までは、順調でした。しかし、モンスターを攻撃して、パーティのところまでつれて来る「釣り役」の人が疲れたのか、「誰か釣り役、変わってください」と言いました。
リーダーが、「私がやります」と言いました。

リーダは、宣言しました。「○○を攻撃します」
釣り役の人は、モンスターを攻撃する前に、何を攻撃するかメンバーに周知してから行うみたいです。その慣習に従って、リーダーも、これから攻撃するモンスターの名前を周知しました。

その瞬間、メンバーからいっせいに、

「wait」
「Wait!」
「wait!」

「待て」の嵐。リーダーが攻撃したモンスターは、ピョコピョコ飛び跳ねる奴です。
そいつは、あたしたちの周りに3匹ほどいました。その1匹を攻撃したのです。

They link!」(そいつらはリンクする!)

モンスターの中には、同種のモンスターが襲われていると、
仲間を助けるために、襲い掛かってくるものがいます。
それをリンクモンスターと言うそうです。

ピョコピョコ飛ぶモンスターは、リンクモンスターだったようです。
同時に3匹が、あたしたちに向かって飛び掛ってきました。
ひとたまりもありません。みんなは、一斉に逃げ出しました。

アタシも、逃げました。マップの端までいって、エリアをチェンジすれば、助かることができます。
しかし、間に合わないと思いました。あと、1回攻撃されると、死んでしまう状態なのに、敵はすぐ後ろです。

操作をミスって、その場で止まってしまったあたしは、死んだ……、そう思った瞬間、アタシの体を白い光が包みました。

ケアルです。一気に体力が回復しました。

「にげて!」(日本語)

そう叫んだのは、メンバーのなかの白魔道士でした。

生き延びたことよりも、「日本人だったのかぁ〜〜!」とそっちに衝撃を受けつつも、アタシは、その場から逃げ出しました。

後ろをみると、モンスターは、ケアルを放った白魔道士に狙いをかえて、彼に襲い掛かっていました。
アタシは、今までのことを思い出していました。

(いつも自分は助けられてばかりだ)

もう自分だけ助かるのは嫌だ、そう感じたアタシは、逃げるのをやめて、彼に向かってケアルを実行しました。

hh1_a.gif「アタシなら、さっきのケアルで、あと1回なら攻撃されても大丈夫!
 さぁ、こっちにきなさい!」

そんな感じで、モンスターをひきつけました。
しかし、こっちが危なくなったら、白魔道士の彼は、またケアルを掛けてくれました。
モンスターは、またそっちへ。

そんなことを繰り返して、なんとか、2人とも無事に砂漠の外に出ることができました。エリアを切り替えれば、もう安全です。

ふたりはほぼ同時にいいました。

ありがとう^^

2人とも助かって、本当に嬉しかったです。
アタシは、かなり疲れたので、彼と少し会話した後、パーティを抜けて、バスに帰りました。

はじめてのパーティプレイは、色々なことがあって、まだ頭がぼぉーっとしています。でも、楽しかったので、また砂丘でプレイしたいです。(^^)

【現在のレベル】赤14





posted by Tomoco(トモコ) at 11:44 | Comment(3) | FF11プレイ日記
この記事へのコメント
トモコたん萌え〜(*´д`*)ハァハァ
かわいいです。真剣に応援しています。
Posted by おでんくん at 2006年10月02日 12:48
Tomocoさんこんにちわ^−^
ついに初パーティだったのですね、おめでとうございます〜!!
初めてのPT、ドキドキですよねw
私も初めてPT行ったときのことは、今でもよーっく覚えてます。
ハプニングもあったみたいだけど、楽しかったみたいでほんとよかったですネ。
私も応援してますよ〜(*´▽`*)がんばって!

ではでは、ヴァナでお会いできる日を楽しみにしています♪
Posted by あみか at 2006年10月03日 03:39
応援ありがとうございます^^

あみかさん、リンクありがとうございました。
しかも、なんかハートマークまでつけてもらっちゃって(笑)

マイペースなので、歩みは遅いですけど、負けないようにがんばります。アトルガン、先に行って待ってますよ(笑)
Posted by Tomoco at 2006年10月03日 17:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。